新山千春、風呂上がりに下着はき忘れる

印刷

   タレントの新山千春(30)が11月5日(2011年)のブログで、風呂上がりに下着を掃き忘れてしまったという恥ずかしいエピソードを披露している。滞在先の大阪で風呂上がりにマッサージ師を呼んでベッドの上に横になったところ、

「ちょちょっっと待ってください(焦)パンツはくの忘れちゃいました(笑)」

   と、下着をはき忘れたことに気付いたという。その直後、

「お姉さんには爆笑されあたしもつられて大爆笑(笑)」

と、マッサージ師の女性と新山は大爆笑。その分2人の会話も弾み、来月の予約をしてマッサージを終えたという。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

お知らせ

注目情報PR
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中