2018年 7月 21日 (土)

黒板ツメでひっかく嫌な音「ゾゾーッ!」の原因わかった

印刷

   番組司会の加藤浩次が、注目記事を紹介するコーナー「スッキリ!!TIMES」で取り上げたのは、11月6日(2011年)付の読売新聞の記事だった。

   黒板を爪でひっかいたり、発泡スチロールをこすりあわせたりといった音を不快に感じるワケが、研究によってわかったというのだ。加藤は「いろんな研究してる人がいますね。大変だなと思います」とひとりきり感心してから、記事を読み出した。

人間がもっとも不快に感じる音帯

   その記事によれば、オーストラリアのウィーン大学などの研究チームが黒板を爪やチョークでひっかく音を録音し、そこからいろんな帯域の音を消すなどして、人間に聞かせる実験をした。すると、2000~4000ヘルツの周波数が、もっとも不快感を呼び起こすことがわかった。この帯域の音は人間の耳の構造上、増幅されるため、ほかの帯域よりも不快に感じるらしいという。

聞いてるだけで耳障り

   しかし、研究チームがこうした結果をまとめて、学会で発表したというくだりになると、加藤は「まとめなくてもわかるって感じだけど」と突き放し、最後は「耳障りな音の周波数がわかったところで、耳障り」と、ダミ声で締めくくった。

文   ボンド柳生 | 似顔絵 池田マコト
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • スマホでわかるGDPR入門セミナー ~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー 弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中