夜中の電動カンナ注意され「生かしておけない」大阪・騒音殺人

印刷

   ご近所トラブルの原因はペットのフンとか違法駐車、騒音など多いが、殺人事件にまでエスカレートした。大阪府堺市中区で11月5日(2011年)、路上で女性が刺されたと近所の住民が119番通報。救急隊員が現場に駆けつけてみると、近くに住む大塚圭子さん(45)と40歳代ぐらいの男性の2人が包丁で刺されて血まみれになって倒れていた。2人は病院に搬送されたが間もなく死亡。大塚宅の隣の無職大芦明容疑者(43)が、隣の人を刺したと警察に出頭した。

電車のガード下なみのうるささ

   殺された大塚さんと大芦の家の隙間は50センチ前後で、騒音が筒抜けだった。大芦は大工の父親と2人暮らしで、普段は父親の仕事を手伝い、夜遅くまで大型の電動カンナで作業を続け、近隣の人が注意をすると「うるさい、ほっとけと怒鳴り返されました」(住民)という。

毎晩ではしんどい

   スタジオに日曜大工の小型電動カンナを持ち込み、どのぐらいの騒音が出るのかを実験してみせた。騒音測定器で測ってみると95デシベル。コメンテーターの石原良純(タレント)は「小型でもこれだけうるさいのだから、大型になったらもっと大変でしょう。そんな音を毎晩聞かされる生活はしんどいですよ」と眉をひそめる。

夜9時過ぎに作業する非常識

   前田典子(カリスマ主婦モデル)「この事件の容疑者には良識というものがなかったのかしら。いくら職人でも、夜の9時過ぎまで大きな音を立てて作業をするなんて非常識ですよ」

   95デシベルは頭上を電車が通過しているガード下にいるのと同じぐらいの大きな音。国の騒音基準は50デシベルまでだが、それ以上の騒音を取り締まる法律はないという。

文   ナオジン | 似顔絵 池田マコト
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中