鳴門親方太りすぎ!力士引退後の自己管理甘かった?

印刷

   大相撲の横綱・隆の里であったところの鳴戸親方が昨日朝(2011年11月7日)、急性呼吸不全により、入院先の病院で死去した。

   弟子の稀勢の里が大関目前の躍進ぶりを見せる一方で、親方は週刊誌で弟子暴行や薬物投与疑惑を報じられ、日本相撲協会から聴取を受けているさなかの急死だったという。

早死にする親方多い

   またしても、という感じの暴力疑惑が暗い影を落としたせいか、亡くなった人物をワイドショーが取り上げるときの通例である懐古・美談的な調子は、ほぼ影を潜めた。

59歳はいかにも若い

   スッキリ!!コメンテイターのテリー伊藤は「(鳴戸親方の歳が)59歳というのはいかにも若い」と口を開くと、相撲の親方たちの不摂生ぶりを指摘する。

   テリーによれば、統計をみても、早死にする親方が多い。それは彼らが「力士を辞めても相変わらず太ってる」ことと大いに関係があると見ているようだ。

   「鳴戸親方を見ても太りすぎ。引退したら、力士の管理もだけど、親方は自分の体の管理もしていかないと」とテリー。

   親方衆は、弟子よりも自分の体のほうを「かわいがる」べきなのかもだ。

文   ボンド柳生 | 似顔絵 池田マコト
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中