北川悦吏子「ダンナへ怨念弁当」放射能よりこわい!?

印刷

   脚本家の北川悦吏子が11月8日(2011年)のツイッターで「愛妻弁当」について語っている。

   愛妻弁当といってもほんわかした話ではなく、「この前、ウチのダンナさん尿にセシウム出たので(何度も言うけど。フツーに出るよ、東京も)。」「少しでも被曝を避けるために。食材を選んで。でも、お弁当作るのは、楽。脚本は出口が見えないまま、がんばらなきゃいけない。お弁当、作れば出来上がる。」

   ちなみに弁当作りは愛情でも義務でもなく「意地」。「放射能と地震がこわくて、娘を連れて疎開したい私に、東京を離れる必要がない!...と言い切った彼への意地です。こわいな。そんな弁当...。放射能以上に、こわくない?怨念弁当...。」

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中