2019年 8月 23日 (金)

「福井県は日本のブータン」幸福度日本一。では最下位は…

印刷
糖の吸収を抑える、腸の環境を整える富士フイルムのサプリ!

   「日本一幸せなのは福井県民だそうです」と小林悠アナが新聞記事を紹介した。法政大大学院が出した「47都道府県の幸福度に関する研究結果」で、幸福度が高いのは福井、富山、石川、鳥取…。ワーストは大阪、高知、兵庫、埼玉だった。

未婚率低く、出生率高く、正社員比率も高い

   これは、平均寿命や出生率、完全失業率、犯罪発生件数など40の社会経済統計指標からはじき出した「幸せ度」だという。福井は未婚率が低く、出生率が高い、障害者の雇用率、正社員比率が高い、犯罪が少ないなどなど。一方、大阪は生活保護受給者の多さ、治安の悪さなどからだ。

福井出身です

   司会のみのもんた「福井は元気ですよ」

   福井出身の三屋裕子(スポーツプロデューサー)は「子どもたちの運動能力も学力もトップなんですよね。多世代型の家庭が多い。おじいちゃん、おばあちゃんから、両親が働き、子どもが家を守るという。地味な県です。ぱっとしたものはない」という。

   北川正恭(元三重県知事・早大大学院教授)「さっきのニュースにあった老人の孤独死と反対やってるんですよ。ブータンが出してる幸福度みたいな、ちょっと失礼ないい方かもしれないが…」

   三屋「日本のブータンと呼んでください」

   北川「家族全体で支えて、文明社会から一番遠いというのが今回の幸福度1位の意味。ちなみに三重県は20位ですので、それが言いたかった」

   三屋「安心して住むのなら福井へどうぞ」

文   ヤンヤン | 似顔絵 池田マコト
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中