列車爆破テロ犠牲者の死の直前に転送される男の意識―そこで彼は何を見たか

印刷
(C)2011 Summit Entertainment, LLC. All Rights Reserved.
(C)2011 Summit Entertainment, LLC. All Rights Reserved.

ミッション:8ミニッツ>デビュー作『月に囚われた男』で賞賛されたダンカン・ジョーンズ監督のSFサスペンス。列車爆破テロの犯人を見つけるため、犠牲者たちの死亡8分前の意識に入り込んむ男の運命を描く。『プリンス・オブ・ペルシャ/時間の砂』のジェイク・ギレンホールが過酷なミッションを課せられた主人公を熱演している。

ミッションは犯人突き止めシカゴ大爆破を阻止せよ

   ある朝、シカゴ行きの通勤電車の中で目を覚ました陸軍パイロットのスティーブンス(ジェイク・ギレンホール)は、まったく別の世界に投げ込まれていた。目の前の席に座っているのはクリスティーナ(ミシェル・モナハン)と名乗る見知らぬ女性で、トイレの鏡に映る自分の顔にも全く見覚えがない。所持している身分証も見知らぬ男の物だった。そんな状況にスティーブンスが混乱していると、突然列車が大爆発を起こす。

   スティーブンスは薄暗い密室で意識を取り戻した。初めは何が起こったのかさっぱり理解できなかったが、グッドウィン大尉(ヴェラ・ファーミガ)の話で次第に自分の置かれている状況が分かってくる。ソース・コードという装置を使い、スティーブンスの意識は、その日の朝に起きた列車テロの犠牲者の一人に転送されていたのだ。スティーブンスに課せられたミッションは、列車テロの犯人を突き止め、犯人が予告しているシカゴ市街の爆破テロを阻止するための情報を得ることだった。タイムリミットは8分。8分が過ぎると爆発が起こり、意識は自分の身体に戻されてしまう。

   新たなテロの予告時間が迫る中、死んでは蘇るを繰り返すスティーブンス。いったいなぜスティーブンスがこのミッションの遂行者に選ばれたのか。そこにはある秘密が隠されていた。

ドンデン返しないけど期待裏切らないラスト

   ダンカン・ジョーンズ監督の前作『月に囚われた男』でも見られたテンポの良さは健在だ。この映画は列車爆破の直前8分間を繰り返すいわゆるループ物。下手をすると単調になりがちだが、主人公が過去に行く度に新たな事実が判明して観客を飽きさせることがない。

   ソース・コードを使って意識を転送するのはタイムトラベルとは異なり、そこで起きた事象は現実世界に影響しない。スティーブンスがたとえ列車テロから乗客を守っても、すでに死んでいる乗客が生き返ることはない。このミッションで重要なのは、犯人の情報のみなのだ。目の前に座っている女性クリスティーナすら助けられないと知り絶望するスティーブンスだが、最後に下した決断は思わず微笑んでしまうほど希望が詰まっていた。

   日本公開のキャッチコピーが「このラスト、映画通ほど騙される」というものだったので、ラストにドンデン返しがあるのかとハラハラして観ていたが、結末は割と素直に終わる。余韻があって良い締め方だった。(全国公開中。配給:ウォルト・ディズニー・スタジオ・ジャパン

おススメ度☆☆☆☆

野崎芳史

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

お知らせ

注目情報PR
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中