2018年 7月 21日 (土)

上原さくら「卵巣のう腫」だった 最終診察終わって病名公表

印刷

   タレントの上原さくら(34)が11月11日(2011年)夜に更新したブログで、卵巣のう腫の手術を受けていたことを明かした。上原は10月29日のブログで「入院して手術してました」とつづっていたが、病名は明らかにしていなかった。術後の最終的な診察が終わったことから、病名を公表したようだ。ブログでは、

「年1回の子宮けい癌の検診を受けるついでに診て頂いたから、早期で発見出来たのです」

と、定期検診の重要性を訴えた。

「さくらの傷口はもうホントに、どこなんだか指さして教えてあげないと分からないくらいのレベルだよ☆」

と、術後の経過も良好のようだ。

   11月12日にもブログを更新し、

「どうしても抵抗があるガールズは、インターネット等で女医さんのいる婦人科を探してみたらいかがでしょうか」

と、改めて検診を受けるように呼びかけている。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • スマホでわかるGDPR入門セミナー ~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー 弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中