B-1グランプリ―優勝「ひるぜん焼そば」行列ができなかったある秘策

印刷

   「さぞかし人が並んでると思いきや、ほとんど行列ができていません!」。大竹真リポーターが叫ぶ。

   第6回B-1グランプリに取材に行った番組は、どこの店の前にも長蛇の列を見たが、岡山県真庭市の「ひるぜん焼そば好いとん会」が出店した「ひるぜん焼そば」の前だけは、並んでる人が少なかったというのだ。

   前回は2位で今回の優勝候補に異常事態が発生か!? ところがフタを開けてみれば、来場者の人気投票で、このひるぜん焼そばがグランプリになったんである。

図に当たった「待たせず熱々を提供」

   なんでも「テンポよくお客さんにアツアツを提供する」(好いとん会)ことを目指して、スピーディーに料理を渡し、行列をつくらせなかった。番組の調べでは、ほかではお客への提供までに20秒かかっていたところ、ひるぜん焼そばは8秒でこなしていたそうな。

コンサル乗ります

   ところ変わってスタジオは、グルメにうるさい(うるさい、という表現がいろいろと最適な)コメンテイターの勝谷誠彦の独壇場と化した。

   スタジオに招かれた好いとん会のメンバーには、「コンビニチェーンから商品化の話が来てんじゃないですか。うんと乗って稼いでください。いつでもコンサルタント乗りますから」などと話しかけ、視聴者には「ぜひ蒜山に行って食べてほしい。高原の風を感じながらビールを飲んで」云々と、安手の広告コピーのようにペラペラとまくしたてていた。

文   ボンド柳生 | 似顔絵 池田マコト
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中