「北朝鮮戦サポーター」携帯取り上げ。鳴りもの、横断幕、国旗ダメ

印刷

   サッカーのワールドカップ・アジア3次予選の北朝鮮戦で、きのう14日(2011年11月)にピョンヤン入りしたザック・ジャパンは、 さっそく空港でアウェーの洗礼を受けた。午後3時に着いたのに、入国審査が終わって空港を出たのが午後7時だった。

   バナナやガム、ラーメンなどが引っかかったのだそうだが、途中で3回も停電があったという。遠藤保仁選手は「いい経験。これくらいは想定していたので気にしていない」。しかし、練習時間は遅れた。

   キムイルソン・スタジアムに直行しても2時間の遅れ。何よりも、日本にはない人工芝の感触をチェックしないといけない。ザッケローニ監督も自ら入念に確かめていた。ただし、これも わずか30分間だった。

要注意選手は元Jリーグのチョン・テセ

   北朝鮮とピョンヤンで対戦するのは22年ぶりだという。過去の対戦は1敗2分けで、日本はピョンヤンでは無得点だ。日本はすでに3次予選突破を決めており、北朝鮮は敗退が決まっているが、日朝対決には別の意味がある。北にとって、絶対に負けてはいけない国が米、韓、日なのだそうだ。1985年と89年にピョンヤンに行った元日本代表の水沼貴史さんが解説した。

オーラ送ろう

   司会のみのもんた「なんでそんなに強いの」

   水沼「国技としている。力強さとスピードですね。日本では守備的イメージがあるが、そうじゃない」

   いま北朝鮮チームには元川崎フロンターレのチョン・テセ選手ら、Jリーグ出身の選手が何人もいる。チョン選手はドイツリーグにいるが、Jリーグでは4年半で47得点をあげている。要注意ナンバーワンだ。

   水沼「雰囲気が独特。われわれがボールを持っていると静かなんだけど、北が攻めになると5万人がウォーッとなる。まさにアウェー」

日本応援150人、相手は5万人

   みの「日本のサポーターは150人、 相手は5万人」

   水沼「サポーターがいるだけいいと思いますよ」

   そのサポーターも勝手が違う。鳴りものや横断幕、国旗の持ち込みは禁止。携帯電話も北京空港で預けないといけない。ユニフォームを着ての応援も日の丸が付いていてはいけないのではなどとよけいな心配もある。いまどきこんな国があるのかという国なのだ。

   内野雅一(「週刊エコノミスト」編集長)「サッカーは国と国の戦い。世界ではそれが当たり前」

   みの「日本だってそういうところはあるんだけど、150人じゃなぁ」

   三屋裕子(スポーツプロデューサー)「日本からオーラを送りましょうよ」

   TBSとNHK BS1が試合を放送するがテレビが北朝鮮で行われるのスポーツイベントを生中継するのは初めてだ。

文   ヤンヤン | 似顔絵 池田マコト
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中