自転車をブッチギリ!一輪車パフォーマー三澤杏奈と番組スタッフ対決

印刷

   大学生4年生のモテモテのギャルであり、一輪車パフォーマーの三澤杏奈を「いま大注目のアスリート」として番組は取り上げた。

   彼女は昨年(2010年)の一輪車世界大会で、100m競争をはじめ5部門で優勝したほか、テレビ番組の企画で、男性が持つ一輪車100m走のギネス世界記録12秒11に挑戦した。記録更新はかなわなかったが、12秒46のタイムを記録したという。トップスピードは時速30㎞にも及ぶそうな。

   また一輪車を用いた大道芸的、芸術的パフォーマンスにも秀でており、そうした方面でも活躍していく構えだ。

ママチャリに余裕の逃げ切り

   それにしても、実際どれだけ速いのか――ということで、番組若手男性スタッフが駆るママチャリ自転車との100m走対決が行われた。

   スタートやたら漕ぎ出しの重そうな自転車を横目に、プリンセス・アンナはすいすいとスタートダッシュを決め、そのまま見事に余裕の逃げ切りとなったのであった。

   ワールドクラス一輪車は陸上選手の二足走行よりは遅く、素人の二輪車よりは速かった。

文   ボンド柳生
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中