2018年 7月 20日 (金)

女子バレー五輪切符―強豪アメリカ3m31cmの壁破れるか

印刷

   17日(2011年11月)に行われたW杯女子バレーボールは激闘のすえ、ファイナルセットでドイツに勝ちロンドンへの道に繋げた。

   ロンドン五輪の出場権の切符は3位までだが、アメリカ、イタリアがすでに獲得し、残るはあと1枚。最終日の18日に行われる日本対アメリカ、ドイツ対中国の結果で決まる。

ドイツに競り勝ち望みつないだ!

   五輪切符をかけた者同士の激闘だった。最終第5セットは出だしドイツに2点リードを許しが、新鍋理沙が4連続得点で逆転。再びドイツにリードを許したものの、粘りで跳ね返し、最後に江幡幸子のレフトからのスパイクが決まり逆転勝ちした。

みんな綺麗だった

   激闘をテレビ観戦したスタジオ出演者は、一夜明けてもまだ興奮が冷めやらない感じ。笠井信輔アナが「被災地でも『久しぶりに鳥肌がたちました』と、いろんなところに元気を与えたようです」と伝える。

   試合を取材した田中大貴アナは「ドイツに勝って、最後がアメリカ戦というパターンは、W杯のなでしこジャパンと同じなんですよ」

   キャスターの小倉智昭「どちらかというと男子バレーのほうがいいピーコさんも、昨日は見ていたんですって?」

   ピーコ「みんなすごい綺麗だった」

過去の5戦の戦績は1勝4敗

   さて、最後のアメリカ戦。最近5試合の対戦成績は日本が1勝、アメリカ4勝となっている。要注意はアメリカの得点源といわれる身長197センチで最高到達点320センチのデスティニー・フッカー。そしてアメリカの防御壁という身長191センチ、最高到達点331センチのフォルケ・アキンラデウォ。アキンラデウォがメガネをかけてプレーするのは、ブロックのときに顔がネットを超えて相手のボールが顔面に直撃するのを防ぐためというから驚く。

   元日本代表の大林素子は「サーブ、ブロック、レシーブの3つができないと勝てません」という。中野美奈子アナが最後に「アメリカはすでに切符をもらったのだから、ちょっと気持ち的に…」と言いかけると、小倉が「そういうことを言ってはいけません。オレも一応考えた。日米安保とか、TPPの問題もあるし…」

   よくわからない話になった。

文   モンブラン | 似顔絵 池田マコト
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • スマホでわかるGDPR入門セミナー ~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー 弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中