2019年 8月 20日 (火)

清武・前巨人代表24日に反撃会見「本当のことがわかる」

印刷
人気店や企業から非公開の招待状をもらおう!レポハピ会員登録

   今年(2011年)の日本シリーズは第7戦までもつれた末にきのう20日(11月)、ソフトバンクが日本一の座についた。巨人の内紛のおかげで緒戦の結果がスポーツ紙の1面からはずれるというおかしなことになった。

   その張本人、清武英利・前巨人代表兼GMは、 おととい宮崎に姿を見せた。母校である宮崎南高50周年で記念講演のためだったが、記者団に「(解任については)日本シリーズが終わったらお話しします。間違ったことはしていない」と、なお再反論の構えだ。

キャンプ地宮崎で講演「ようやく話せるようになりました」

   前日に巨人の役員を解任されていたため、講演では「きのうまで読売巨人軍の専務取締役、球団代表、オーナー代行兼GM…」と長い肩書きを並べて、「今日からはただの宮崎南高5回生の清武です」

24日に…

   清武は内紛にも触れ、「権力者が間違ったことをしたときには、不当な介入から守ってやろうと、今回はコーチを守ろうとしただけです。後悔も反省もしてません」と話した。そして、「もし『先輩がんばれ』という人がいたら、若干拍手いただけますか」と呼びかけ、わき起こった拍手に右手をあげて応えた。

   また、決断したときのことにも触れて、「友人に『勝てますかね?』と聞いたら、『志があれば負けませんよ』というんですね。これから本当のことがわかってきます。ようやく話せるようになりました。名刺をとられて無一文ですが、心は晴れ晴れとしてます」と話した。

文   ヤンヤン | 似顔絵 池田マコト
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中