2018年 7月 22日 (日)

盛岡わんこそば選手権「チームスッキリ!!」147杯20位飛び賞獲得

印刷

   岩手県盛岡市で毎年恒例のわんこそば選手権が昨日(2011年11月20日)、開催された。第26回目の今年は震災の影響で中止も検討されたが、「被災地から元気を発信するという意味で開催した」と実行委員長。

   また「わんこそばを通じてお互いの絆を深める」といった狙いで、大会の趣向を変えた。これまでのメイン部門だった個人戦は行わず、3人1組のグループ戦形式のみになったという。

優勝は251杯でダントツ

   53組が参加した一般部門の優勝は、昨年の選手権の上位3名が結成した「最速ファイターズ」。1人2分間の持ちタイムで合計251杯(わんこそば10杯で通常のそば1杯分だという)をたいらげ、2位以下を圧倒した。ちなみに昨年の個人戦優勝者は15分で254杯だったという。

殿堂入り

   お祭りや食べ物には目がないこの番組スッキリ!!も例年通り、リポーター兼出場者を派遣。阿部祐二らの「チームスッキリ!!」は147杯で20位に入り、キリのいい順位に与えられる「とび賞」を受賞した。番組は出場4年目にして初の成果を誇った。

   コメンテイターのテリー伊藤は「最速ファイターズはもう殿堂入りだな。ちょっと強すぎる」と、勝負をおもしろくするための提言を行った。

文   ボンド柳生 | 似顔絵 池田マコト
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • スマホでわかるGDPR入門セミナー ~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー 弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中