巨人・清武解任―新橋サラリーマンは「不当47人、正当29人」

印刷

   先週金曜日の18日(2011年11月)、巨人の桃井球団オーナー兼球団社長が緊急会見を開き、ナベツネ批判をした清武英利球団代表兼GMの解任を発表した。臨時役員会で専務取締役の長嶋茂雄・終身名誉監督は「清武氏の言動はあまりにもひどい。戦前戦後を通じて巨人軍の歴史でこのようなことはなかった。解任は妥当だと思います」と発言したという。

長嶋茂雄氏まで動員して罵倒

異常…

   「スーパーモーニング」は東京・新橋で道行くオジサンたちに今回の解任劇について聞いた。100人近い回答の結果は、不当が47人、妥当が29人だった。コメンテーターの石原良純(タレント)は「長嶋さんまで引っ張り出して自分たちの正当性を主張しようとするのは異常としか思えない」と話し、青木理(ジャーナリスト)は「長嶋さんは戦前戦後を通じて、今回のような騒動が起きたことはないと言っているが、裏を返せば戦前戦後を通じて渡辺さんのような独裁者が出たことはないということ。言論の自由を標榜している日本代表のメディアの内部に言論の自由がないことを証明している」と皮肉った。いあや、読売新聞には正力、務台というワンマンがいたではないか。独裁は読売グループの伝統なんじゃないか。

文   ナオジン | 似顔絵 池田マコト
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中