「タニタの社員食堂」東京・丸の内にオープン!あの健康メニュー提供

印刷

   体脂肪計など健康計測機器メーカーのタニタは、「タニタの社員食堂」のレシピ本が2巻で計420万部というベストセラーになって、こっちの方で知られるようになった。社員食堂と同じメニューが社外の人も味わえるようになるという。

   タニタはきのう21日(2011年11月)、社員食堂のメニューをもとにしたレストラン事業を展開すると発表した。飲食チェーンきちりと提携して東京・千代田区丸の内の国際ビルに「丸の内タニタ食堂」を来年1月にオープンする。

日替わり定食800円とオリジナル定食900円

   タニタの社員食堂は「健康機器メーカーの社員が太っていては示しがつかない」と、低カロリーメニューを中心に1999年に作られた。メニューの特色は、定食スタイルで1食あたり500キロカロリー前後、塩分3グラム前後。この結果、社員は「10キロやせた」「肌荒れがなくなった」「ウエストが4センチ細くなった」などの声が社内から上がり、ではとレシピ本を出したらバカ売れというわけだ。

おいしい

   丸の内のレストランも社員食堂と同じレシピだが、日替わり定食(5品)800円と週替わりオリジナル定食900円の2種類だけ。選択肢を減らすことで、計画的に栄養バランスをとってもらうのが狙いだという。ランチ専門で午前11時から午後3時までの営業でセルフサービス。体組成計を備えたカウンセリングルームがあって、 栄養士が無料でアドバイスしてくれる。3月には弁当も始めるという。NS事業部の南修二部長は「(レストラン経営は)不安もあるが、タニタは昔、体重計とか作っていたねといわれるくらいにこちらがメインになったらいい」という。

塩分、油を大幅に減らし、野菜たっぷり

   タニタの社員食堂の200以上のメニューを作った栄養士の荻野菜々子さんがこだわったポイントは3つ。

   (1)塩分3グラム前後―塩分を辛味、酸味で補っていく。例えばみそ汁は昆布とカツオ節でしっかりとダシをとって味噌を減らす。
 (2)油をカットー肉類はオーブンで焼くのが基本。ボリュームがあるように見えるのは野菜をたくさん使っているから。
 (3)野菜をたっぷりー満腹感につながる。

   タニタの社員は活動量計や歩数計を下げて、それぞれの動きで何キロカロリー消費しているかを表示する。消費量を競うイベントもあって賞品も出る。週に1回は筋肉量、基礎代謝量、内蔵脂肪などを測って自己管理をする。メタボな社員がこのプログラムと社員食堂で12キロ痩せたという。

   スタジオには「アスパラと豚肉のオイスター炒め定食 530キロカロリー、塩分2・7グラム」 「ささみの衣揚げレモンあん定食 527キロカロリー、 2・4グラム」が並べられた。司会のみのもんたがさっそくぱくついて「おいしい」。

   栄養士の荻野さんにものが聞く「これでご飯が温かかったら最高ね(笑い)。いま72、3キロあって65キロに落とさないといけない。半年やってだめ。昼飯だけでも効果あるんですか」

   荻野「個人差はありますけど、私は半年で5キロやせました」

   みの「オーッ」

文   ヤンヤン | 似顔絵 池田マコト
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中