菅野智之「大きなリスク背負って1年浪人」それで巨人入りできるの?

印刷

   プロ野球のドラフト会議で、大読売巨人軍の単独指名が確実と見られるなか、日本ハムが交渉権を獲得した東海大の菅野智之投手が、1年間の浪人生活を決断。日ハムに入団せずに、来年の巨人入りを目指すこととなった。

なぜかトラブルはいつもジャイアンツがらみ

   菅野は巨人監督の原辰徳の親戚にあたり、巨人を志望していたとされる。アマチュア選手が意中の球団に入れないのがドラフト制度であり、普段はそのルールに従って各球団がプレーしているが、巨人志望の有力選手がほかに指名された場合は事情が異なる。それは憲法違反や人権侵害にあたり、ドラフト制度をやめるか改革すべきである、さもなくば~するぞ――といった紳士的な主張が急にお盛んになるのである。

拒否も権利

   「ボクは野球にあまり詳しくないけど、行ってほしいな、野球してほしいなと思うんですけど」。スタジオでは、番組の司会でサッカー好きの加藤浩次が、野球ツウのテリー伊藤に話しかけていた。

   「拒否するってのも、選手の権利のひとつでしょ。ジャイアンツのユニフォームを着て、野球をやりたいという思いを尊重しなくちゃ」とテリー。

   菅野の行動は「(1年浪人という)大変なリスクを背負って、彼の夢(巨人入り)を追いかける」ことであり、そこに強い思いと熱い気持ちを感じ取ったようだ。

   「そういうことなのかなあ」。腕組みをした加藤はいまひとつ腑に落ちない様子であったが、テリーは「あとは(菅野の決断を)応援するしかない」と強調していた。

文   ボンド柳生 | 似顔絵 池田マコト
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中