鈴木奈々「新おバカ女王」そうまでして売れたいか!日曜朝からふざけ過ぎ番組

印刷

「サンデー・ジャポン」(TBS)2011年11月20日10時~

   あいかわらずふざけた番組だ。「関口宏のサンデーモーニング」繋がりでそのまま見ている善良な視聴者には何がなんだかついていけないのではないだろうか。
   この日は、新おバカ女王の鈴木奈々がゲストとして初登場というので彼女のおバカ伝説を披露。高校をおバカ過ぎて強制退学させられたとか、アルファベットが最後まで言えないとか、あの芦田愛菜ちゃんと漢字対決し、もじ(文字)を毛字、けんがく(見学)を計学と書いて愛菜ちゃんに負けたというような話をひとしきり。おまけに彼氏とのキス写真まで出すという恥じらいの無さ。そうまでして売れたいかと呆れるばかりだ。朝から不機嫌そうなミッツ・マングローブや薄口評論家というふざけた肩書きの杉村太蔵など、こんな番組が下手に持ち上げるから勘違いするんだろうという有象無象がてんこもり。そのうえこの日は伝説のスーパーアイドル田原俊彦が緊急生出演、ということで、「トシちゃんもう間もなく到着します」「永遠のアイドル トシちゃん到着!ただいま控え室で打ち合わせ中」などといちいちの実況もうるさい。
   結局、田原の新曲の作詞を爆笑問題太田が手がけたということで、その宣伝だったわけで、ほかにも太田の妻が出るトーク番組の宣伝などもちゃっかり。太田が頼んでいるのではないだろうが、番組の私物化は視聴者に共感どころか反感を買いかねないのでやめるべき。

(白蘭)

採点:0
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中