日経新聞OB「昏睡強盗」で退職金1650万円ゴッソリ!中国人女性2人逮捕

印刷

   「昏睡強盗」とは古めかしい。それがいま増えているらしい。きのう24日(2011年11月)、中国人の女2人が逮捕された。被害者は定年退職したばかりの男性(60)で、退職金1650万円をやられた。ただ、事件が起ったのは4月だ。

送別会の流れで銀座に出たら「カラオケ行こうよ」

   午前1時過ぎの銀座、退職の送別会を終えた男性がほろ酔いで歩いていると、女性2人が「カラオケいこうよ」と近寄ってきた。女たちは「でも、お金が持ってないと」と言い、男性にコンビニで残高照会をさせた。このとき暗証番号を盗み見たらしい。タクシーで新宿のカラオケ店に乗り付け、そこで男性に睡眠導入剤入りの酒を飲ませた。男性はその後2日間、もうろうとした状態でカラオケ店やホテルで女たちと過ごしたという。

なんで付いていったの?

   女たちは男性が眠っている間にカード5枚を盗み、新宿区内の30か所のATMから24回にわたって引き出しや振り替えをして計1650万円を奪った。この間、女たちは見張りと引き出しで役割を分担していた。男性は2日後の午前2時ころ池袋で解放され、自力で埼玉の自宅に帰ったという。

都内で頻発。湯島近辺は要注意

   逮捕された女2人は41歳と42歳で、警視庁は同様の手口で19件の昏睡強盗を働き、被害総額は3350万円になると見ている。逮捕された女のひとりは犯行を認めているという。男性は日本経済新聞社を退職したばかりだった。

   司会のみのもんた「なんでこの女たちについて行ったの?」

   取材キャスターの奥平邦彦「送別会が終わったところだった」

   みの「なぜ家へ帰らないの」

   奥平「家族からは捜索願が出ていた」

   奥平は昏睡強盗が多発していると事例を3つ並べたが、いずれもカラオケ店や中国人男女が絡んでいた。手口は昔からのものだ。新しいとすれば中国がらみか。「湯島あたりでは数が増えているそうです」

   それにしても、なぜ午前1時に銀座なんか歩いていたのか。電車はもうない。人もそんなにいないだろうに。奥平は「銀座で中国人に声をかけられたよというサラリーマンがいました。忘年会シー ズンですから気をつけて」という。

文   ヤンヤン | 似顔絵 池田マコト
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中