2018年 7月 17日 (火)

中央道・談合坂SAで家電・フィギュア販売―誰が買うの?

印刷

   中央道(下り線)の談合坂サービスエリアがリニューアルされて、「EXPASA談合坂」なる複合商業施設に生まれ変わり、本日(2011年11月25日)グランドープンしたそうな。

富士山見物の中国人観光客が目当て

   輸入食品やフィギュア、家電、限定スイーツなどを販売しており、高速だけでなく、一般道からもアクセス可能なんだとか。開店準備室課長は「専門的なモノが買える目的地として利用してもらいたい」と話す。

普通は買わない

   コメンテイターのテリー伊藤は、家電やらフィギュアが売ってることに「ちょっとめずらしいですよね」とおもしろがる一方、「誰が買うんですか?」と疑問を呈した。

   なんでも、富士山観光に向かう中国人観光客を当て込んでるとのこと。テリーは「普通、ああいうところでドライヤー買わないもんね」と納得していた。

   売り手の文句は「高速道路脇の便利な商業施設」なのだが、買い手の見方はいまだにサービスエリアなのかもしれない。

文   ボンド柳生 | 似顔絵 池田マコト
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中