パップコーン・芦沢のネコの絵 「超絶癒し系」と絶賛の声

印刷

   4人組コントグループ「パップコーン」のリーダー・芦沢統人の描くネコの絵が「かわいすぎる」とツイッターを中心に評判になっている。

   多摩美術大学卒の芦沢は2011年3月ごろからツイッターやブログにネコの絵を投稿。ここ最近を見る限りでも毎日数本のペースで描いているようだ。

   1コママンガのようなスタイルで、2本足で立つ独特な表情をしたネコがシュールな笑いを誘っている。設定も、老人の傍らで「クチャクチャ」と音を立てながら咀嚼する「圧力をかけてくる猫」といった日常のワンシーンから、ミュージカル「ウエストサイドストーリー」の有名なフィンガースナップシーンのパロディまでバリエーション豊富だ。

   11月26日に投稿した新作「なぐさめ猫」には、涙を流す少年を大小含め6匹の猫が慰めている様子が描かれている。ツイッターではさっそく、「こんな猫ちゃん欲しい・・・」「超絶癒し系」との声や、一部からは「この人のネコにはいつもグッとくるけど、これは携帯に保存して元気がないときにお世話になろう。と思う」などと、ありがたがる声まであがっている。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中