太宰治超える名言作れ!低予算を逆手に取った好番組発見

印刷

「世界は言葉でできている」(フジテレビ)2011年11月23日1時05分~

   世界の偉人の名言をとりあげ、一部、虫食いにして出題。解答者(番組ではコトバスターと呼ぶ)が、その名言を超える名言を作るという言葉遊びの番組。
   ポイントは名言そのものを当てるのではなく、名言を超える名言を作るところで、奇しくも偉人の名言と同じになってしまった場合、その答えはROCKされてしまい解答権がなくなる。これまでにコトバスターとして登場したのは芸人、タレント以外にも作家やコピーライターなど、言葉の使い手たちもいて、彼らの感性が試されるのもポイント。偉人たちの名言を越えるかどうかの判断はスタジオの観客が判断、「どれだけグッときたか」が基準となる。
   この日のテーマは青春の名言。たとえば太宰治の小説「津軽」の「大人とは○○○○○の姿である」という名言が取り上げられていた。これに対し、「大人とは反抗しつづけられなかった者の姿である」(遠藤賢司)、「大人とは門限が無く、どこまでも行ける者の姿である」(ピース 又吉直樹)、「大人とは大人げない生き物の姿である」(ムロツヨシ)、「大人とは死ぬまで続く子供の余生の姿である」(水道橋博士)といった解答。ちなみに太宰の言葉は「大人とは裏切られた青年の姿である」だ。
   ナレーターは森本レオ。独特の癒しボイスで名言に味わいを持たせている。またひとつ良く出来た低予算番組を見つけた。

(白蘭)

採点:2
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

お知らせ

注目情報PR
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中