内柴正人「セクハラ」否定なら、提訴して事実明らかにしろ

印刷

   性犯罪に例えた不適切発言と違い、こちらは金メダリストによる実際のセクハラ行為…。九州看護福祉大(熊本県玉名市)の二塚信学長が29日(2011年11月)に記者会見し、女子柔道部コーチの内柴正人客員教授(33)を懲戒解雇したと発表した。

自らぶち壊した夢「世界一の選手つくりたい」

   セクハラ行為があったのは9月19日で、合宿先のホテルの食堂で未成年の女子部員と飲酒した後、ホテルの一室でセクハラ行為に及んだのだという。

真実を述べる必要

   関係者からの情報提供で学内に調査委員会を設けて調べたところ、内柴は「セクハラはなかった」と否定しているものの、未成年の飲酒を黙認したことは認め、性的行為の事実は否定しなかった。

   内柴はFNNの取材に対して、「法に触れることはしていない。未成年に飲酒をさせて見て見ぬふりをしていたことは深く反省しているが、セクハラはなかった」と述べている。

   内柴は2004年のアテネ五輪ですべて一本勝ちしで金メダル、続く08年の北京五輪でも66キロ級で初の金メダルを獲得し2連覇達成した。北京五輪の会場では、見守っていた妻や息子に金メダルを掲げ喜びを表し、「精一杯オヤジの仕事をしっかりやりました」と子煩悩ぶりを見せていたのが印象に残る。

   昨年4月に新設された女子柔道部のコーチになり、今年1月からは客員教授に就任していた。昨年10月の現役引退会見では、「世界一、日本一の選手をつくっていきたい」と指導者としての抱負を語っていたが、自ら夢をぶち壊すはめになった。

被害の女子柔道部員「精神的にまいってる」

   被害者の女子柔道部員について、学校側は「休学はしていないが、被害者としての意識が強く、精神的に参っている」という。学内の女子学生も「内柴がいるからこの大学にきた人もいる。柔道部の人は大変だと思う」とショックの大きさを語っていた。

   スタジオでは女優の高木美保が、内柴がセクハラ行為を否定していることに触れ、「提訴して専門家の間で客観的な事実を明らかにするのが一番いい」と話す。司会の小倉智昭も「『合意だった』云々よりも先に、内柴君もきちっと真実を述べる必要がある」と厳しい。

   講道館柔道の創始者であり、教育者の嘉納治五郎が絶えず言っていたのが「精力善用」。その教えはどこに行ったのか。

文   モンブラン | 似顔絵 池田マコト
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中