細川茂樹、名古屋城を見上げ「中京都構想も進めたい」

印刷

   橋下徹の当選で再び注目される「中京都構想」について、俳優の細川茂樹が30日(2011年11月)のブログで語っている。

   「光る金鯱の意味を知ると、名古屋巻きや味噌煮込みも、また味わい深くなる」「名古屋が住みやすいと地元の方々が口を揃え話すのが毎回よくわかる。住宅も大きく道路も太い。デパート、地下街も充実」と、「家電俳優」らしく名古屋の歴史や街を「分析」している。

   また、リニアが走れば「東京―名古屋」間が約40分になることにも触れ、「大阪も平成維新になりつつある。名古屋を中心に更なる進化『中京都構想』も再度、注視したい」と語っており、細川のなかには深い「名古屋愛」があふれているようだ。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中