通販生活CM拒否!テレ朝「報道ステ」―原発国民投票特集マズイ

印刷

   テレビ朝日はカタログハウス発行の雑誌「通販生活」のテレビCMの放送を拒否していた。29日(2011年11月)の定例会見で早河洋社長が明らかにしたもので、カタログハウスから「報道ステーション」と「徹子の部屋」で流したいと打診があったが、視聴者に誤解を与えかねないと断ったという。

「番組と混同される恐れ」(早河社長)

   CMは巻頭特集で原発の是非についての国民投票を呼び掛けた「秋冬号」(15日発売)で、30秒に編集されている。俳優の大滝秀司のナレーションと次のようなメッセージが字幕で流れる。

「原発、
いつ、やめるのか
それとも、
いつ、再開するのか。
それを決めるのは、
電力会社でも
役所でも
政治家でもなくて、
私たち
国民一人一人。
通販生活 秋冬号の巻頭特集は、
『原発国民投票』」

   そこで画面が変わって、秋冬号発売中と雑誌の映像が出て、「カタログハウス」という社名が映る。

   これのどこがそれほど問題なのだろうという内容だが、早河社長は「日本民間放送連盟の『報道番組のCMは番組内容と混同されないようにする』という放送基準に抵触する恐れがある」と説明している。報道ステーションが「原発国民投票」を呼び掛けていると受け取られかねないというわけだ。

   しかし、これが通販生活のCMであることは一目瞭然だし、「国民投票」を直接呼び掛けているわけでもない。むしろ、このCMで「そうだ!国民投票で原発の是非を問おう」という世論が強まると推進派に都合が悪いとか、「決めるのは役所でも政治家でもない」という部分にカチンとくる霞が関や永田町の住民がいるからということではないのか。カタログハウスは「オンエアできなかったのは残念」として、自社のホームページで公開している。(テレビウォッチ編集部

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中