大晦日前哨戦!日テレ「ガキの使い~」が「紅白」発表に勝った?

印刷

   大晦日の紅白歌合戦の出場者が昨日(2011年11月30日)発表された。このニュースは番組トップであり、出場者紹介のVTRがしばし流れた。

   だが、途中でナレーターが急に声を張り上げる。「しかしィ、(ダウンタウンらが)紅白の出場者発表と同時刻に会見。大晦日の前哨戦とばかり、挑戦状を叩きつけた」からである。

松本人志「なんとか今年は(紅白を)超えたいですね」

   日テレ系の紅白ウラ番組といえば、今年もやります「ガキの使いやあらへんで!!」の「笑ってはいけない」シリーズ。6回目を数える今回は「なんとか今年は(紅白を)超えたいですね」(松本人志)と意気込む。

   スッキリ!!は「爆笑会見&過去の名場面」と称して、豊富な映像を流し、ナレーターのテンションも高かった。

   番組の熱の入れようからすると、「前哨戦」はガキの使いが勝っていたようだが、放送時間では紅白約11分、ガキの使いが7分ほどで、紅白に及ばなかった。

文   ボンド柳生
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中