フェラーリ、ランボルギーニ14台ペシャンコ。しめて何億円?

印刷

   車好きには驚きのニュースだ。きのう4日(2011年12月) 午前、山口県下関市の中国自動車道上り線・小月インターチェンジ付近で、フェラーリ8台 を含む高級スポーツカー14台がクラッシュ、何億円かが一瞬でオシャカになった。

2000万円、3000万円の超高級車

   高級スポーツカー愛好者のイベントに向かう途中だったらしく、先頭を走っていた福岡県の男性(60)が運転するフェラーリがスリップして中央分離帯に衝突、後続車が追突したり、避けようとしてさらにスリップするなどで、約400メートルにわたって事故車が散乱した。

出したくなる

   現場は緩いカーブだが、雨の後で路面が濡れていたという。目撃者によると、「爆音を響かせて行ったので、スピード出し過ぎだな、濡れてるから怖いねと話していたら、ガッシャーンとクラッシュした」という。ディーラーは「200キロは出ます。300キロを超える車もあります」と話す。といっても、日本には走れる道路なんかない。そこを無理に走ったか。

   とにかく、カメラが映し出したのは「フェラーリ」「フェラーリ」「フェラーリ」…。それも無惨にグラスファイバーがひしゃげている。それに合わせて、それぞれの値段が出た。「1650万円」 「2200万円」「3060万円」…。しかし、さすがというか、けが人10人はみな軽症だったそうだ。

   14台のうち8台 がフェラーリ、1台がランボルギーニ、3台 がベンツだった。1台は反対車線を走っていて、事故で飛んだ部品が当たったという。

「生活のすべてを注ぎ込むマニアの集まり」

   事故の前に車が集まっている写真もあった。ずらり並んだ様はなかなかだが、いったいそんなお金持ちが中国道になぜ集まるのか。事情通によると、たしかに富裕層が多いが、実際には「がんばって」乗っている人も多いという。生活の全てを車につぎ 込むというやつか。そうしたフェラーリのあつまりは全国で20から30(ずいぶん大雑把)あるのだそうだ。「サービスエリアとかパーキングに集まって、朝か ら晩まで車の話」という。

   司会の羽鳥慎一「がんばって乗ってる人がいるというけど…」

   小松靖アナ「生活を切り詰めても乗りたいという人たちですね」

   青木理(ジャーナリスト)が意外や、「ボクらはスーパーカー世代なんで気持ちはわからなくはない」という。ガキどもがエンブレムを盗んだりした時代があった。と、前田典子(モデル)、石原良純(タレント)、羽鳥までが、リモコンカーを操作する手つき。みんなその世代だった。

   小松「時速150㌔くらいで走っていたともいいます」

   羽鳥「出したくなるんでしょうね」

   お巡りさんがいなければ法律なんか無視というのがイタリア式、つまりは国際ルールだ。にしても、たかだか150㌔でドジを踏むとはフェラーリが泣くぜ。

文   ヤンヤン | 似顔絵 池田マコト
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

お知らせ

注目情報PR
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中