ぱすぽ☆佐久間夏帆、グループ卒業「腰痛めた。別の道で頑張ります」

印刷

   アイドルグループ「ぱすぽ☆」のメンバー・佐久間夏帆がグループを卒業することになった。12月4日(2011年)のブログで発表している。

「突然ですが 私佐久間夏帆は12月30日のzepp東京のフライト(ライブ)を最後に、ぱすぽを卒業することになりました」
「なぜ卒業という決断に至ったかというと 今年の夏に腰を痛めてしまいフライトに出れない日が続きました。夏くらいから体調の事でフライトやレッスンの時にもたまに支障がでたりするようになり、その時くらいから『こんな中途半端なまま自分はぱすぽにいていいのか』という不安が出てきて毎日本当に、本当に悩んだんですが今みたいな激しいダンスを続けていくのは厳しいと思い、ぱすぽを卒業し別の道で頑張っていこうと決意しました」

   卒業までは1か月もないが、最後まで「全力飛行」することを誓った。

「いつも応援してくれてるパッセンジャー(ファン)のみんなには本当に感謝してもしきれないし、みんなに出会えて本当に良かったです!!そして2年間ほとんど毎日一緒に過して最高に辛いときも、嬉しい時も一緒に頑張ってきた最高の9人の仲間とも出会えて、本当に私は幸せです みんな大好き!!!!!」
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

お知らせ

注目情報PR
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中