強姦犯に懲役50年まだ軽いか重すぎるか―性犯罪は重罰化傾向

印刷

   9年間に9人の女性を強姦し、強姦致傷などの罪に問われた男が合計で懲役50年という異例の判決を受けた。9件の強姦事件の間に、窃盗罪で懲役1年執行猶予4年の判決が確定しており、その前に起こした5件とその後の4件を分けて、前の5件に懲役24年(求刑30年)、後の4件に懲役26年(同30年)を言い渡した。刑法では、複数の罪の間に禁錮刑以上の確定判決を受けている場合は、一緒に扱わないことになっているためだ。

9年間9件に対し「24年+26年」

   男は静岡県長泉町の無職・小沢貴司被告(35)。きのう5日(2011年12月)に静岡地裁沼津支部で開かれた裁判員裁判で言い渡された。司会の小倉智昭がゲストの弁護士、若狭勝(元東京地検特捜部副部長)に聞く。「こういう長期判決って、出るもんなのですねえ」。若狭は「私の記憶では初めてです。性犯罪は重くなる傾向がありますが、それが強く出た判決です」と解説する。

なぜ重く?

   小倉「懲役50年と無期懲役と、どちらが重いのですかねえ」

   若狭「仮出所がどちらが先に認められやすいかという話になる。無期懲役でも35年ぐらいで仮出所になる可能性がある。懲役50年でも途中の30年、40年で仮出所が認められる可能性があるので、どっちもどっちかなという感じがします」

殺人罪より長い量刑

   リポーターの平野早苗によると、性犯罪は重罰化が進んでいる。今年(2011年)9月6日(東京地裁)には女児2人に対する強姦致傷罪の81歳の男に懲役18年(求刑17年)、11月22日(滋賀・大津地裁)には4件の強姦致傷罪などの42歳の男に懲役23年(求刑25年)、12月2日(横浜地裁)には5件の強盗強姦罪などの43歳の男に懲役28年(求刑30年)の判決が出ている。

   小倉「なぜ、重くなってきたのですか」

   若狭「女性に対して、肉体的にも精神的に苦痛を与える非常に卑劣な犯罪ということで、女性の人権重視が叫ばれていることと連動していると思います。殺人罪では1人殺した場合、懲役15年~20年なので、殺人罪より重いといえる。性犯罪は被害者に落ち度がないので重くなる傾向が強い」

   コメンテーターの中川翔子(タレント)は、「女性は犯罪によって一生傷つけられる。性犯罪はこれまで再犯が多すぎたし、50年は重くないと思います」と話す。地元静岡の女性たちも「(懲役50年は)軽い」「終身刑でいい」などと性犯罪に対し、一様に厳しい感想を語っていた。

文   一ツ石 | 似顔絵 池田マコト
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中