さんまアゴアシ付きでハワイ接待―ついでに番組も撮るゆる過ぎるTBS

印刷

「明石家さんまが本気であすにでも住みたい街を探す旅inハワイ」(TBS)2011年12月3日14時~

   旅のお供は村上ショージとジミー大西というおなじみの2人。芸能界引退後にさんまが住む家を探すというのが名目だが、ようはおじさん3人の珍道中といったところ。
   ハワイ在住歴15年の松原千明の友人宅でホームパーティを体験したり、ハワイ在住歴9年の相楽晴子の案内でマノア渓谷を散策したり。ほかにも「ロコフードを体験すべし!」「海で趣味を見つけよう!」「友達を作ろう!」「お嫁さん候補を探そう!」など、様々な指令に添ってハワイを楽しむさんま一行。
   肝心の家探しのほうはというと、オーシャンビューの大豪邸を見学。5億8000万円という金額を提示されても動じず、「バブルのときと比べたら安い」「オーストラリアの別荘を売ってこっちにしようかな」などとはさすが。そもそもさんまに引退する気などなく、「NHKから来てる仕事、引き受けようかな」「映画もやろうかな。本が面白くないねんけど」と別荘購入のためにあれこれ思案するさんま。
   ハワイの情報はなにひとつ伝わらなかったが、さんまがご機嫌なことだけはわかった。JALの飛行機が飛び立つところやホテルの名前と建物を不自然なまでに映していたことからタイアップと思われる。旅費と宿泊費はタイアップでまかない、さんまの接待ついでに番組も撮った、そんなゆるい番組。

(白蘭)

採点:0
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中