亀田大毅、判定負け「悔いはないです。おれも勝ちたかったけど」

印刷
「お兄ちゃん和毅おめでとう。おれも勝ちたかったけど、ごめんな」

   ボクシングの亀田大毅(22)が、7日(2011年12月)に行われた「WBA世界Sフライ級タイトルマッチ」を振り返り、ブログでこう語った。

   大毅は、兄・興毅に続く兄弟2階級制覇を目指したが、タイのテーパリット・ゴーキャットジム(22)に0―3の判定で敗れた。8日にブログを更新し、「戦ってるときは、必死で所々しか覚えていません。でも家族の声ファンの声はずっと僕の背中を押してくれてました。みんな本当にありがとうございます!」「悔いはないです」と語っている。

   また、この日にバンタム級王者の興毅が3度目の防衛に成功したこと、WBC世界バンタム級7位の弟・和毅(20)がKO勝ちしたことにも触れ、「おれも勝ちたかったけど、ごめんな」と、兄弟に向けてメッセージも送った。しばらくは、「なにも考えずゆっくり休む」ようだ。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中