インリン「母親が病院に運ばれ心臓が止まりました。でも、もう大丈夫」

印刷
「実は、お母さんが倒れて、病院に運ばれた後不整脈って診断され、その後すぐに心臓が止まりました」

   タレントのインリン・オブ・ジョイトイがショッキングな体験を9日(2011年12月)のブログで報告している。母親の手術は成功し、現在はペースメーカーを入れて落ち着いているという。

   一時心停止になったお母さんだったが、「お医者さんが電気ショックを用意してる間に、突然また心臓が動き出した。ペースメーカーを胸に入れたことで心臓の動きが落ち着き、本人もホッとしています」という。

   「今までずっと日本にいたので、親孝行もできなかったし、これからは台湾でいっぱい親孝行するつもりです」と話している。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中