2018年 7月 21日 (土)

憶・祈・一・年…「スッキリ!!」常連たちの「今年はこの1文字」

印刷

   年末恒例の「今年の漢字」が京都・清水寺の森清範貫主によって披露された。特大の和紙に書かれたのはやはり「絆」だった。

   東日本大震災で家族や人々との絆の大切さを痛感し、女子サッカーW杯に優勝した「なでしこジャパン」のチームワームなどを理由に、全国から最多の応募があったという。「スッキリ!!」のコメンテーターたちが今年1年を振り返って書いた1文字は―。

「今年はほんとうに祈るしかなかった」(香山リカ)

   ロバート・キャンベル・東大教授は「憶」。「記憶の『憶』ですね。今年の災害を前向きにいろいろ考えつつ記憶にとどめる。亡くした人への追憶、大事なものを憶う気持ちです」

tv116166_pho01.jpg

   香山リカ(精神科医)は「祈」。「今年はほんとに祈るしかないみたいなところがありましたので…」

   キャスターのテリー伊藤(タレント)は「年」。「年取ったな~、トイレが近いな~、それだけですけど」

   司会の加藤浩次は「一」。「いろいろ一から考えさせられた部分があった。それに、なでしこジャパンが1位になったし、来年のロンドン五輪では1位をいっぱい取って欲しいとの思いも込めてです」

   1文字を見ながらそれぞれの顔と突き合わせると、性格の一端が垣間見えてきて面白い。

文   モンブラン | 似顔絵 池田マコト
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • スマホでわかるGDPR入門セミナー ~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー 弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中