「清武VS 巨人」和解決着?ナベツネや原監督の法廷尋問避けたい

印刷

   「こんなデカい扱いになっちゃった」とみのもんたもビックリ。8時またぎの巨大ボードには、「ついに法廷闘争へ」などとデカデカと書かれている。

   昨日、永久不滅な紳士集団から追放された清武前球団代表が、渡辺球団会長や巨人軍、読売新聞グループ本社を相手取って計6220万円の損害賠償などを求めて提訴。

   いつも強気な清武代理人弁護士は、この日も「もちろん勝算はある」と自信ありげ。「渡辺さんが法廷で証言するのを楽しみにしている」「健康に留意して病院に逃げこまないようにしていただきたい」などと、試合前のプロレスラーも真っ青な挑発ぶりだ。

失うもの多い巨人・読売サイド

   先週は読売側が清武を提訴した。両者の「泥沼訴訟合戦」は、このまま闘魂こめたガチンコ勝負となるのだろうか。

ファン逃げる

   コメンテイターの若狭勝弁護士は今後の注目点として「和解」の可能性を指摘する。どうも栄光の巨人側に、失うべきものが多いようではある。

   「シーズン中に渡辺会長や原監督の尋問となったら、ファンが逃げてしまう。それまでに和解が探られる可能性はある」(若狭)

文   ボンド柳生 | 似顔絵 池田マコト
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

お知らせ

注目情報PR
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中