アニメ「AKB0048」最終審査「緊張した」(仲谷明香)、「ダメでした」(仲川遥香)

印刷

   「AKB0048(エーケービーゼロゼロフォーティーエイト)」の声優を決める最終オーディションが12月13日(2011年)に行われ、30人の中から9人がメーンキャストとして選ばれた。

   SKE48の矢神久美はブログで「合格しました!!応援してくださった皆さん!おめでとうコメントをくださった皆さん!ありがとうございます」と報告し、メンバーの松井玲奈からおめでとうメールをもらい「すごく嬉しかった」という。

   AKB48の仲谷明香は「緊張し過ぎて…最早ただの仲谷でした。寧ろ普段の仲谷より棒読みだったような でも、合格。仲谷の思いが審査員の皆さんに伝わったのだと思います」「事務所Mousaの次女として、一人の声優として、もちろんまだまだですが…一生懸命やって行きたいと思います」

   仲川遥香は「結果はダメでした。。。。でもね 落ち込んでないよ!今回はたまたまはるごんの声がキャラに会わなかっただけ!チャンスを逃したんじゃない。。。次のためにとってあるんです!!!!」

「受かったみんなおめでとう♪応援してくれたみなさん本当にありがとうございます!まだまだな私ですが夢に向かって頑張るのでこれからもよろしくお願いします!」
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中