2018年 7月 22日 (日)

テコンドー笠原江梨香ロンドン五輪出場!巨漢ディレクター吹っ飛んだ

印刷

   テコンドーでロンドン・オリンピック出場を決めた笠原江梨香選手はさわやかな21歳だが、とにかく日本最強なのだ。先月(2011年11月)、タイのバンコクで開かれたアジア予選は3位以内が五輪出場枠だったが、見事準優勝した。テコンドーは韓国生まれの格闘技で、かかと落とし、まわし蹴りなど「足のボクシング」ともいわれるほど足技が多彩だ。

ジャブのように繰り出す左足の蹴り

   長嶋一茂(スポーツキャスター)はさすがに詳しい。

楽しみ
「アンディー・フグさんのかかと落としはテコンドーのワザ。 ネリチャギというんです。足を腕のように自在に操らないといけない」

   司会の羽鳥慎一「国内で敵なしという」

   長嶋「ローキックが得意。テコンドーはローキックは使えないですよ」

   羽鳥「笠原選手はスピード感がすごい」

   長嶋「左足が強い。ジャブと同じで、左の蹴りが強くないと勝てない。それができてる」

   その笠原選手を大東文化大のテコンドー部に訪ねた。いや、すごいスピードと多彩な足技だ。男子にもひけをとらないという。小学校1年で空手道場に入門した。 引っ込み思案を心配した両親が「半ば強制的に」やらせたのだという。月曜から土曜までは練習、日曜は試合という日々で、空手のジュニア大会で数々のタイトルを手にした。高校1年のときにテコンドーに転向。理由は「空手になくて、テコンドーにあったのがオリンピックだったから」だそうだ。転向1年目で初優勝。五輪強化選手になる。5年目にしてすでに全日本選手権2連覇だ。

メダル期待大!「表彰台にあがれるように精進したい」

   蹴りの強さはどれくらいか。柔道初段の番組ディレクターが防具を付けて笠原の蹴りを受けた。胸に回し蹴り1発。身長179センチ、115キロの巨漢が倒れこそしなかったが、壁ぎわまで吹っ飛ばされた。

   笠原は「始めたときから夢に見ていたので、五輪出場はすごくうれしい。表彰台にあがれるように精進したい」と話す。

   司会の赤江珠緒が「かっこいいですね」

   羽鳥「メダルはシドニーの銅以来なんですね」

   長嶋「5年しかやってないのにここまで来たとなると、あと半年でもっと強くなる。楽しみですよね」

   羽鳥は「将来結婚したら、ご主人は大変だ」などとあらぬ心配をする。それこそ余計なお世話というものだ。

文   ヤンヤン | 似顔絵 池田マコト
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • スマホでわかるGDPR入門セミナー ~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー 弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中