「水戸黄門」終了納得できない!被災地の老人「一番の楽しみ…」

印刷

   TBS不動のマンネリ番組「水戸黄門」がついに今晩(2011年12月19日)をもって、40年以上の世直し行脚を終える――ということで、今朝の朝ズバッ!は5代目にして最後の水戸黄門、里見浩太朗をスペシャルコメンテイターとして迎えた。

里見浩太朗「なんで終わっちゃうのという声よく聞く」

   このドラマは判で押したようなハッピーエンディングで知られていたが、このたびの御老公のリタイヤに際しては、里見も番組司会のみのもんたも、残念無念といった調子である。

残念…

   みのは、東北の仮設住宅で暮らす高齢の方々を訪問した際のエピソードを披露。日々の楽しみを聞くと、テレビとの声。しかしこの朝ズバッ!は「朝早いから」と敬遠され、一番楽しみなのが水戸黄門――。そんな話を、あちこちの仮設で聞いたという。

   みのが水戸黄門が終わることを知らせると、御老人方は「なんでだよねー」と「終わるということが納得できない」様子だったという。「『なんで、なんで(終わっちゃうの)?』という声はしょっちゅう聞く」と里見も応じる。

   水戸黄門フィナーレの宣伝は、「まだお若い」方が亡くなったときのような追悼、葬送ムードに終始した。

文   ボンド柳生 | 似顔絵 池田マコト
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中