内野聖陽「文学座」を独立「快く送り出して下さる運びとなりました」

印刷

   俳優の内野聖陽が1992年から所属した劇団「文学座」から独立し、今後のマネージメントをスターダストプロモーションが担当することになった。12月18日(2011年)に公式サイトで発表した。

「今回の退座の意向に文学座演劇部、演出部またスタッフの方々より温かいお言葉も沢山頂き、心も痛むのですが、私のこれからの演者としての更なる成長への思いをご理解頂き、快く送り出して下さる運びとなりました。劇団という枠組みからは離れることになりますが、役者としてこれまで以上に努力と研鑽(さん)への意志を強くもって歩んで参りたいと思っております。今後ともどうぞよろしくお願いいたします」
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

J-CAST Blog 略して「Jブロ」
J-CASTがオススメするブログを紹介!
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中