「そんな戒名じゃ引き取れない」立川談志お寺に断られた!

印刷

   1か月前(2011年11月21日)に亡くなった落語家・立川談志のお別れ会がきのう21日に東京都内のホテルで行われた。芸能界や各界の著名人約1000人が参列した。談志は生前、「落語家の弔いに行って本気に泣く馬鹿がいる。みんなで笑うことがはなむけなんだ」と言っていたといい、ジャズが流れ、三本締めで終わるという何とも賑やかなお別れの会となった。

お別れの会に1000人「ひと月に独裁者が2人も死んだ」

   談志師匠を送るのだから弔辞もスピーチも型通りというわけにはいかない。石原慎太郎都知事の弔辞は「あの世でまたいつか会えるんだろうから、それまで死んでも元気でいてくれ。あばよ」。爆笑問題の太田光は「僕にとっては将軍様みたいなものですから」。ダンカンは「この1か月の間に独裁者が2人も亡くなった。偉大なる談志師匠様…と、どっかの国みたいな」

ほんとの話?

   生前の師匠について、笑福亭鶴瓶は「(談志を)笑わせたら祝儀やるよって、くれはったのが三枝兄さん見舞金だったんですよ」。中村勘三郎は「わけの分からない褒め方をするんだよね。『よかったよ今日のはね、4次元だ』」。上岡龍太郎は「黒澤明、手塚治虫、岡本太郎らと並んで、500年たっても生き続ける天才」と、その落語家らしい生き方と才能を偲んだ。

「立川雲黒斎家元勝手居士」ウンコ臭いはちょっと…

   最後に三本締めの音頭をとった毒蝮三太夫は、「ビン・ラディンも死んだ。談志も死んだ。金正日も死んだ。あとフセインがいれば麻雀ができる。ところで、聞いたら、戒名がああいう戒名ですから、どこの寺も引き取ってくれないんだってな。本当らしいですよ」

   戒名は自分が付けたという「立川雲黒斎家元勝手居士」。番組にお別れ会の司会をした弟子の立川談笑が出演し、司会の小倉智昭が聞く。

「そんな戒名じゃあ、引き取れないって本当なの」

   談笑「ええ、実話です。有名なお寺で、目の前に師匠とゆかりのある方がいらっしゃるという抜群のところだったのですが、そんな戒名付けるんだったらだめだということで、この話はなかったことにしてくださいと」

   では、どうするんだろう。死んでからも人騒がせなこと、いかにも談志らしい。

文   一ツ石 | 似顔絵 池田マコト
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

J-CAST Blog 略して「Jブロ」
J-CASTがオススメするブログを紹介!
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中