2018年 7月 18日 (水)

「家計負担ズシリ」ちっとも楽しい話がない来年度予算案

印刷

   筆者などは、まったく蚊帳の外だったが、リーマンショック前の数年間、一部の業界、企業はたしかに景気がよかったようだ。

   当時の朝ズバッ!を思い出してみれば、リポーターが全国を飛び回り、毎朝、随所でナマ中継を入れ、豪華ホテルやら商業施設のオープンを伝えた。スタジオには日替わりで大型セットが組まれた。ダイヤだかスワロフスキーで出来たお値段何百万円のキャラクターがやってきた。それもいまや昔のプチプチプチバブル。

通信社ベテラン記者も「経験したことないような年末」

   今日日この番組はスタジオにひきこもり、新聞記事を読んで(読み上げて)暮らすようになった。たまに外に出るのは手持ちの局アナウンサー。ネタは震災、福島原発、逝去、増税――。

   今朝(2011年12月26日)のスタジオでは、予算案から予想される来年度の暮らし向きが「家計負担ズシリ」だという昨日付の読売新聞記事が紹介されていた。

   「年末になると――」とコメンテイターの柿﨑明二共同通信社編集委員。「来年に向けての華やいだ雰囲気があるんですが、今年は同僚と話しても、楽しい話がない。経験したことのないような年末だとみんなで言っている」

文   ボンド柳生
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中