お歳暮処分セール客殺到!アレもコレも軒並み半額

印刷

   年が明けないのに、都内のデパートに早くも福袋がお目見えしている。「フライング福袋」というのだそうだ。集客にチエを絞るデフレ時代の歳末商戦のひとコマだ。大丸東京店が今年から始めた。といっても、目玉商品の入った初売りの福袋と違って、やや小ぶりで地味だ。中身の商品は日替わりで、きのう26日(2011年12月)は海苔、きょうはコーヒー、明日は輸入菓子。29日は蜂蜜、30日はレトルトカレー。いずれも2000円のものが半値の1000円で買える。

   デパートの担当者は「今年は震災などつらいことがあり、日本も暗い気持ちになった年でしたが、来年の福を年内のうちに取ってしまおうということで」と話す。だが、売れ行きはイマイチのようで、「まだ在庫はございます」

贈った方ももらった方もなんかフクザツ…

   それより客が殺到したのが、お歳暮処分セール。値段をチェックすると、醤油3150円が1575円、サラダ油5250円が2625円と軒並み半額。こちらは開店と同時に人があふれかえり、買い物カートにギフトセットの箱を山積みにする女性客が続出した。開店15分で汗だくになって買い込んでいる年配の婦人がいた。鰹節や醤油、コーヒーなど締めて3万7000円。

最初から半額に
「1年間、うちで使いますよ。まだまだ持って帰れる程度のものを買って帰ります」

   司会の小倉智昭が首をかしげながら、「まだお歳暮が届いている家だってあるんでしょう」と苦笑する。アナウンサーの中野美奈子が応じる。

「半額のものが届くことはないんでしょうね、さすがに」

   小倉「そういうのが半額になっていると、贈る方ももらう方もなんかショックだね。それだったら最初から半額にしてチョーよ」

   小倉らしい締め方だ。

文   一ツ石 | 似顔絵 池田マコト
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中