2018年 7月 23日 (月)

金正日きょう告別式―カササギ、夕焼けにまで追悼こじつけ

印刷

   「カササギまで出て来たときには、これは詐欺ではないかと思ったよ」とメインキャスターの小倉智昭は苦笑する。北朝鮮の金正日総書記の告別式が今日28日(2011年12月)、首都・平壌で行われ、金総書記の三男・金正恩氏の後継体制確立が内外に誇示される。北朝鮮メディアは金正恩神格化のために、連日、奇妙な映像を流している。

朝鮮中央テレビ「湖も悲しんで大音響とともに氷が割れた」

   金正日の遺体が安置されている錦繍山記念宮殿周辺の林には、死を悼むようにカササギの群れが現れていると、朝鮮中央テレビは伝える。また、生誕の地とされる白頭山の湖では、夜中に大音響とともに湖の氷が突然割れたとか、真っ赤な夕焼けが突如出現したなど、自然現象まで動員した追悼ニュースが流されている。

葬儀だけでも…

   龍谷大学社会学部の李相哲教授は「金正恩は偉大なる後継者であるというイメージ作りのために、使える物は何でも使うという姿勢です」と話す。

正男・正哲の兄2人参列なし

   19日に発表した国家葬儀委員会名簿には、正恩を筆頭に232人の名前が上げられているが、正恩だけ同志の呼称が付けられた別格扱いで、兄である長男正男、次男正哲は名簿に記載されていなかった。

   正恩の兄たちはどうしているのか。関西大学の李英和教授は「正男は事実上、中国に亡命しています。中国にとっては、正男を手元に置いておくことで、もし正恩が持たないとなった時に次のカードとして使える。持ちつ持たれつの関係にあるようです。正男が北朝鮮に入ったとなると、状況は混沌としてくるでしょう」と解説する。

   司会の小倉智昭「葬儀だけでいいから入れてくれというわけにはいかないのかな」

   朴斗鎮(コリア国際研究所所長)「まず無理です。北朝鮮では葬儀も政治の一つです。あらゆる物を利用して自分の権力基盤を固める。それを邪魔する者は排除します」

   金日成主席の葬儀では葬列の沿道に200万人近い国民が集まった。

文   ナオジン | 似顔絵 池田マコト
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • スマホでわかるGDPR入門セミナー ~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー 弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中