民主党「消費増税離党」何人?年内じゃないともらえない新党交付金

印刷

   消費増税がとうとう離党者を出す事態になった。きのう27日(2011年12月)に開かれた民主党税調総会で、役員会が示した素案に批判が続出して紛糾。きょうあらためて税率や実施時期を示すことになったが、これを待たず一部議員が行動を起こした。

誘われた議員「民主党には不満、新党には不安」

   内山晃(千葉7区)、斎藤恭紀 (宮城2区)両衆院議員がきょうにも離党届を出すと表明。さらに中後淳(千葉12区)、石田三示(比例南関東)、三輪信昭(比例東海)、渡辺義彦(比例近畿)議員らが続くと見られる。八ッ場ダムの再開に抗議して、中島政希衆院議員(比例区・北関東)も離党届を出している。内山は「コンクリートから人へ、八ッ場もやらない約束だった。消費税も4年間は上げないと言っていた。それがほごにされた。有権者に説明がつかない」という。

消費増税しょうがない?

   中島以外は小沢一郎元代表に近い議員で、これまで小沢は「離党には慎重に」としていたが、議員らに押し切られたらしい。内山らはこの日、党を除名され松木謙公議員(北海道12区)と会談し、年明けの新党結成に動くかまえだ。

   政治アナリストの伊藤惇夫氏は「松木新党では人が集まらない。党の顔になるタイプではない」という。ただ、新党ができれば、次に小沢が動くさきがけにはなると見る。「小沢さんは消費増税に反対してますから、強行すれば離党者がどんどん出るぞというプレッシャーにはなる」という。

   しかし、誘われた議員の中には、「民主党には不満があるが、新党には不安」と本音をもらす向きもある。離党者は2ケタになるとの見方もあるが、最終的には微妙だ。

「基準日1月1日」「国会議員5人以上」

   なぜいまこの時期に?というのがポイントだ。政党交付金が支給される要件は、「1月1日を基準日」「国会議員は5人以上」。15日以内に総務大臣に届け出る必要がある。つまり、党名、議員、党の住所などをそろえるとなると、残された時間は年内しかない。5人で交付金はいくらになる かというと、改革クラブがちょうど5人で1億1998万円。「一人当たり3000万 円から2500万円」と所太郎レポーターが解説した。

   野田首相は「行革、議員定数削減は年明けにやる。しかし、この問題(消費増税)は避けて通れない。党3役に年内とりまとめを指示した」と語りインドへ発った。今日の総会も紛糾は必至で、帰国は明日だが、どうなっているか。

   司会の羽鳥慎一「世論調査では4割が消費増税しょうがないと言っているが、もともとやらないと言っていたんだから…」

   宇治原史規(タレント)「それより、どういう日本を作るのかが見えない。離党はわかるが、新党は何のためなのかもわからない」

   東ちづる(女優)「4割もがしょうがないという日本の国民は優しいな」

   羽鳥「震災復興と…」

   東「そうそう、ごっちゃになってるんじゃないですかね。マニフェストのあれもこれもどうなったの? それで増税って、エッと思わない」

   いいポイントだ。その「優しさ」の上に安易な政治が乗っていたのが過去30年。民主主義の本物度の尺度でもある。

文   ヤンヤン | 似顔絵 池田マコト
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中