広島「まなみのりさ」ご当地アイドルNo1決定戦グランプリ「赤い集団が応援」

印刷

   広島のご当地アイドル3人組「まなみのりさ」が、12月27日(2011年)に行われた「ご当地アイドルNo.1決定戦『U.M.U AWARD 2011』」でグランプリを受賞した。翌28日に3人そろって喜びのブログを更新している。

   みのりは「実はリハのときからハンパなく三人とも緊張してリハが見事にボロボロ」と裏話を明かしつつ、「いざ、ステージ始まると、赤い集団が目に!広島らしく赤でファンの方々が来てくれてたんです」「いっぱい声聞こえてきたし、もうまみりとみんなでこのステージ作ってる!って感じでした」

   りさは「ステージは、平常心だったつもりじゃけどなんかもう一瞬すぎてあんまり記憶がないです(笑)けどすごく盛り上がって楽しかったのは覚えてます!結果発表は、ほんまにまさか自分らが呼ばれるとは思ってなくて 名前を呼ばれた瞬間、実感は全然わかないのに涙がでてきてみのに抱きついてました(笑)」

   まなみは「本当に夢のようで、この5年諦めずみのちゃん、りっちゃんとやってきて良かったです!この優勝がファンの皆さん、先生方、スタッフの皆さんへの今までの恩返しになったかな?」「もうここからは新たなスタート!もう始まったよね!この結果に満足するようじゃ、ここで終わり。でも絶対ここで終わらせません!この優勝が活かせるか活かせないかはうちら次第だと思う。この優勝を無駄にしないように、これからまた頑張るので、是非皆さんついて来て下さい!」と、かぶとの緒を締めた。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

お知らせ

注目情報PR
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中