2020年 12月 1日 (火)

風邪ひきaiko励まされる ファンから「笑って~~!」とエール

富士フイルムが開発した糖の吸収を抑えるサプリが500円+税で

   シンガーソングライターのaikoが、あるファンの一声に「励まされた」と12月31日(2011年)のブログに綴った。

   12月18日にライブツアーを終えたaikoは、まもなくして風邪をひいてしまった。今までにないほどのひどい症状で、年末の「ミュージックステーション(Mステ)」(テレ朝)出演の際には、楽屋で泣きながら発声練習をしたそうだ。しかし、本番には思うように歌えず、「もう、信じられない位悔しかったです」とその日のことを振り返る。

   しかし本番中、あるファンの言葉がaikoを励ました。うまく声が出ずに沈んでいると「aiko~~笑って~~!」というエールが客席から届いたという。それを耳にし、

「逆に言われ『はっ!』としました。彼女の言葉でどれだけはげまされたか。。。こんな関係になるまでみんなと一緒に過ごせる事が出来たんだなぁ~。みんなの努力が無かったからありえない事やんなぁ~。本当に凄いよ。。。ありがとう。」

と、ファンに心からの感謝の言葉を残した。

   今では風邪も回復したようで、「これを機に色々心も体も変えて行ける様に来年はもっと頑張ります!」と気合十分。今夜生放送される「NHK紅白歌合戦」と「CDTVスペシャル年越しプレミアライブ」に向けて「あぁ・・・緊張する」としながらも、回復した元気な姿を見せてくれるようだ。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CAST テレビウォッチ
アクセスランキング
  1. 菅義偉は疲労の極に達している。主な要因はコロナ対策と経済回復を同時にやろうとする菅を忖度しない尾身茂分科会会長だ。官邸スタッフは「政府の組織なのだからこっちの意向に沿って発言しろ、と。ところが尾身さんは無視して危機を訴える。総理は怒っていますが、下手に圧力をかければ学術会議の二の舞になるのでイライラが募っている」という
  2. 「エール」最終回コンサートに感動の渦!「本物の紅白でもやってほしい」「みなさん歌が上手でビックリ」「岩城さんのイヨマンテ、マジ凄すぎる」
  3. 「R-1グランプリ」芸歴10年縛りに賛否激論「売れない中堅芸人が必死にあがく姿を見たい」「コンビの片割れはやめ、ピン芸人限定に」「飛び道具持って来た奴の勝ちはおかしい」
  4. 安倍晋三の「桜を見る会」事件が永田町を震撼させている。東京地検特捜部が安倍の事情聴取に踏み込むのか、特捜部にその"覚悟"があるのかに注目が集まる。しかし、ポストによると同じ疑惑の構図が菅義偉にもあるという。官房長官時代に毎年横浜のホテルで開いていた「菅の春の集い」がそれだ。
  5. 「沢尻エリカ」復帰シナリオ!?芸能・テレビ界の裏で囁かれる「彼女は引退と言っていないから・・・」
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中