島田紳助「復帰待望論」吉本社長発言に世間は納得するか?

印刷

   年が替わったからといって、朝ズバッ!の内容がそう代わり映えするわけもない。一番人気は相変わらず野田首相と増税問題であり、スタジオのコメントも堂々めぐり。無駄の削減なくして増税なし、痛みは政・官よりはじめよってなことである。

   そんななか、朝刊各紙一面チェックコーナーには意外な顔が現れた。昨夏に芸能界を引退した島田紳助である。デイリースポーツを指しながら、「一番ビックリしたのはこの記事ですよ」と司会のみのもんた。

   その記事などによると、今年100周年を迎える吉本興業の社長が年初の会見で、紳助復帰待望論をぶちあげた。世間の理解が得られれば、いつか吉本に戻ってきてほしい。それは「全社員、全タレントの思い」などと熱く語ったという。

   はたして「世間」の反応は? この番組では芳しくなかったようだ。

巷の反応さぐる「観測気球」

「政治の世界でもよくある『観測気球』と感じた。紳助さんは一民間人になったということで、説明責任をはたしてない。復帰は、指摘された問題を説明してからでないと、ちょっと納得がいかない」(金井辰樹東京新聞・中日新聞政治部次長)
時期尚早
「時期尚早と言われてもしょうがないのでは」(三屋裕子・スポーツプロデューサー)

   みのは「吉本は今後、どう対処するのか。この発言は尾を引くでしょう」と、重大な問題発言でもみたように、厳かにしめくくった。

文   ボンド柳生 | 似顔絵 池田マコト
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中