駅伝優勝・東洋大「柏原とチームメイト」ライバル意識強く喋らない

印刷

   正月の東京-箱根間をひた走る大学箱根駅伝は、往復ともに1位の東洋大が2年ぶり3度目の総合優勝を果たした。牽引役を果たしたのが柏原竜二ら4年生の結束で、去年、早稲田大に21秒差で負けた悔しさをバネにライバルをねじ伏せた。「感動秘話SP」と題して、4人の4年生にリポーターの中山美香がインタビューした。

「一緒に学校行くなんて絶対にない」

   「一番真面目なのはだれですか」と聞かれて、みんなが推したのは9区を走ったムードメーカーの田中貴章だ。その田中は「電気がついていれば消したり、お風呂場のマットを畳んだりとか、雨が降ったら洗濯物を取り込んだりとか、いろいろしましたよ」と話す。

いい関係

   柏原は「自分のことしか考えていなかった。それが去年助けてもらってすごい感謝して、あらためてチームが大事だということが身にしみてわかった」と言う。ただ、お互いのライバル意識はかなり強いようだ。3区を走った山本憲二は「喋らないですよ。この4人で学校に行ったら奇跡ですよ。絶対にない。ライバル意識が強すぎて近寄れない」言う。田中がこう補足した。

「1年生の時、(柏原が)あんだけすごい走りをしたので、負けられないと思った。3年生の時に彼は不調で、自分たちのせいだと責任を感じながらやってきた。柏原が同じ学年で同じチームでよかったと思います」

   中山が柏原に「逆に言いたいことはありますか」と聞く。

   柏原「4年間、苦しい時に支えてくれたありがとう」

「卒業後は敵同士。だから4年生全員で旅行に行く」

   普段はライバル意識が強くて喋らないという4人について、本村健太郎(弁護士)は「いろいろあるのかな~」といい、司会の加藤浩次は「友人としていい関係ですよね」と感想を話す。

   中山「卒業したら、ランナーとしてライバルに戻るということで、来月あたり4年生全員で旅行に行きたいと話していました」

   キャスターのテリー「来年はまた面白くなりそう。柏原だっていないし、東洋大がどうなるか。他校も黙っていないでしょうから…」

文   モンブラン | 似顔絵 池田マコト
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中