エスパー伊東、真樹日佐夫の急逝「ショックでした」

印刷

   1月2日(2012年)、急性肺炎のため71歳で亡くなった作家で空手家の真樹日佐夫について、エスパー伊東が5日のブログでコメントしている。

   「真樹先生とのつきあいは10数年くらいでした。作家生活40周年・50周年記念パーティーは両方出席させていただきました」と、なかり親交が深かったという。伊東が真樹氏の兄・梶原一騎氏に中学のころ会ったことがあると話したら、「お前、うちの兄貴に会ったことあるのか」と喜んでいたそうだ。

   「真樹先生の魅力は強いけれど優しいところです」「昨年3月6日にグラバカジムでお会いしたのが最後になりました。すごく元気だったのに寂しいです」とつづっている。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中