2018年 7月 16日 (月)

益若つばさドラマ初出演「新人脚本家役でイラッとさせますよ」

印刷

   モデルの益若つばさが新ドラマ「最後から二番目の恋」(フジテレビ系2012年1月12日スタート)でドラマ初出演すると9日のブログで発表した。共演者は小泉今日子や中井貴一、坂口憲二、内田有紀ら豪華な俳優陣で、「このお話を聞いて私が1番ビックリしています」とまだ戸惑っている様子だ。

   ドラマは縁がないジャンルだと思っていただけに、オファーにはかなり悩んだという。しかし、音楽活動もはじめ、もっといろんな経験をしたいと思うようになり、「人生に無駄な事は何一つもないはず」という思いで決意した。

   役どころは新人脚本家の栗山ハルカ。毎回の出演ではないものの、かなりインパクトの強いキャラクターで、「ぜひ見てイラッとしてもらえたら嬉しいです」「私なりにイラっとさせれるようにがんばりまーす」と、意気込みを語っている。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中