ノブコブ徳井インドでラクダから落ちて全治3週間「生きてます」

印刷

   インドで現地時間の1月6日(2012年)、番組制作中にラクダから落ちて全治3週間のけがを負ったお笑いコンビ「平成ノブシコブシ」の徳井健太が、12日にブログを更新した。

   「とりあえず生きていますんで大丈夫です。御心配掛けます」と生存を報告し、「ボートレースも当たりません。参りました。賞味期限の二週間過ぎた豆腐を喰って、気持ちが悪くなりました。世界平和!」ととりとめのない文章をつづっている。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中